いつでも最新のデータを確認 - コーヒーマシンのネットワーク化

コーヒーマシンをインターネットに接続するというのは、もう近未来ファンタジーの世界ではありません。フランケのコーヒーマシンを使えば、すぐにでも店頭でインターネットにアクセスできます。人気のドリンクを地域別に確認したり、マシンのクリーニング頻度をチェックしたりと、ネットワーク化によるメリットはすぐに実感可能。さらに、メンテナンス期限が近付くと事前に通知が表示されるので、ダウンタイムを防ぐことができます。


デジタル時代を代表するマシン

コーヒーマシンのエラーメッセージをスマートフォンを使ってリアルタイムで確認したり、故障の発生をできるだけ抑えるため消耗品を交換できたらどれだけ便利でしょう。フランケではエンジニアが総力を結集し、近い将来コーヒーマシンのIoT(インターネットアクセス)。

ネットワーク化で売り上げもアップ

国際的にケータリングに力を入れているPelican Rougeでは、ベルギーのTOTALブランド向けにフランケのFoamMaster 850 コーヒーマシンを210台以上導入しています。マシンのモニタリングはすべてTOTALが集中的に実施。ダッシュボードから従業員や販売中のドリンク、よく使用される支払方法、メンテナンス状況、マシンの機能などをすぐに確認できるので、重要なデータの管理にかかる手間を大幅に削減することができます。また、システムからセルフサービス用マシンのドリンク価格も一括設定・変更できるようになっています。

FoamMaster 850 についての詳細はこちら

フランケのコーヒーマシンで勝負あり

これからのフランケコーヒーマシンは、使い勝手と効率のよさが魅力のマシンを超える存在となっていきます。インターネット接続が可能となることで、ドリンク販売データやマシンのクリーニング記録などを活かしてドリンクメニューを変更したり、ダウンタイムを最低限に抑え、市場競争に役立てることができます。

動画を再生

シンプルな通信方法

リアルタイム情報と双方向通信:テレメトリーモジュールで使用されるのは標準プロトコルとインターフェース。標準ソフトウェアとカスタムメイドのフロントエンドソリューションによって作動します。

コーヒーマシンのIoT

技術的なメリットがたくさん:

  • カスタマイズされたハードウェアとLinuxベースのソフトウェア
  • ゲートウェイ・ウェブサービスでその他のデータを統合(レポート、ERPシステムなど)
  • 販売マシンシステムの集中管理(チップ端子、自動販売機、NFCによる識別など)
  • ダッシュボードに全集計データをまとめて表示