どんなシーンでも活躍するホテル向きコーヒーマシン

モーニングビュッフェでのコーヒーのセルフサービス、ランチのあとのエスプレッソ、バーでオーダーできるバリスタメニュー。ホテルではコーヒーの登場するシーンが自然と多くなります。そんな中、シフト勤務のスタッフがコーヒーの好みも希望の量も違うゲストを一様に満足させるというのは、決して容易ではありません。


これで勝負あり – コーヒーマシンも適材適所

適切なコーヒーマシンと設置場所の選択。このふたつがビジネス成功のカギとなります。モーニングビュッフェにはフルオートマシン、会議室にはカプセルマシンなど、リストから各マシンとそのおすすめの用途をご確認ください。

パークホテル・グンテンのサクセスストーリー

新しいコーヒーマシンで日々の作業が楽になり、効率よく美味しいコーヒーをいれられるようになる。A600の導入とともにそんな夢のような話を実現させたのは、トゥーン湖(スイス)のほとりにあるパークホテル・グンテンです。

パークホテル・グンテンのサクセスストーリーはこちらから

A600がホテルに最適なワケ

大きな給水タンクと大容量のカス受けで、セルフサービスもスムーズ。対応のコーヒーワゴンを使えばどこにでも移動が可能なA600には、全自動クリーニングプログラムも搭載されています。スタッフの負担も軽減してくれる、まさにホテルに最適なコーヒーマシンなのです。

フランケA600の詳細はこちらから

ワンダフルなフランケのコーヒーマシン